子宮内膜症の辛い痛みには漢方パワーで対処しよう

看護師

不妊症の原因にもなる

看護師

婦人病にも色々ありますが、卵巣がんは自覚症状が少ない為、発見が遅れる事もあります。ですが日ごろの体調と違って腹部に違和感を感じる場合は早急に検査を受ける必要があります。例えば、骨盤まわりや腹部に強い痛みを感じる場合は卵巣が腫れている可能性があります。卵巣は体内の臓器の中でも比較的小さな臓器になりますが、腫れると骨盤を圧迫するので強烈な痛みを引き起こす事もあります。生理の時に感じる痛みと混同する場合もありますが、生理が終わっても痛みが続く様なら卵巣の腫れからくる痛みと思った方が良いでしょう。卵巣がんの初期症状でもある卵巣の腫れが腹部で起こっていると胃や子宮が圧迫されて食欲が減退する事もあります。卵巣の腫れが悪化すると腹水も溜まってくるので満腹感をすぐに感じる事もあります。これと同様に、腹水が膀胱を圧迫し頻尿を誘発してしまいます。卵巣の腫れが体内で発生していると腹部に違和感や痛みを感じやすくなり、他の臓器に負担をかけてしまいやすいです。早期発見の為には定期的に婦人科や内科の受診が大事になってきます。卵巣がんの発症は20代や30代頃から高まってきます。卵巣がんは自覚症状が少ないので体調の変化を感じるよりも先にしっかりとした予防が大事になってきます。卵巣がんになるリスクが高い人の特徴としては、出産経験のない人や初潮が早かった人などがあげられています。遺伝的な事が卵巣がんの原因になる事もあるので身内に癌を患った事がある人が居るか確認する事も大事です。