子宮内膜症の辛い痛みには漢方パワーで対処しよう

看護師

外科との違い

カウンセリング

病院の初診の際には大体内科の受診から始まります。新宿の内科では基本的な問診や治療を行う場所になっています。専門的な治療や知識が必要と判断された場合に、内科から他の科にまわされる仕組みになっています。新宿の内科では主に内臓の診察が行えます。内臓の不調に合った処方箋を出すのが内科の役割になっています。新宿の内科ではメスを使う様な手術は行いません。メスを使った手術を行うのは外科の役割になってきます。

内科にも色々な科がありますが、現代多くの患者を抱えているのが心療内科になります。診療内科では精神の乱れからくる体の不調を治療する内科になっています。朝の目覚めが悪く動機や息切れを感じ、毎日の疲れが取れないなどは心身症にあたる為、心療内科を受診する事が必要になってきます。緊張感や不安感が原因で体に不調をきたす事は多いです。強い動機は血圧の上昇につながる為そのままの状態が続くようであれば血圧上昇を抑制する薬を処方してもらう事になります。ストレスを感じると腹痛を感じ、便秘や下痢になる方も居ますが、新宿の内科では痛み止めや下痢止めの処方も行ってくれます心的なストレスが原因で起こる体の不調は新宿の内科で治療する事が出来ます。精神的な面と身体的な面の両方を診てくれるので、一般内科の受診でも症状が改善しない場合には、心療内科を受診してみましょう。精神科と混同する事もありますが、治療方法が違ってくるので分かりづらい場合は問い合わせてみましょう。