子宮内膜症の辛い痛みには漢方パワーで対処しよう

看護師

咳の悪化と胸の痛み

病院

癌性胸膜炎は癌の転移によって引き起こされる病気になります。癌性胸膜炎は肺がんや乳がん、胃がんからの転移で発症する事は多いです。肺を覆っている胸膜に癌細胞が転移すると炎症を起こして機能を低下させてしまいます。その為、胸に痛みを感じはじめ呼吸がしづらくなります。癌性胸膜炎では胸水が溜まってしまう事で肺が正常に酸素を取り入れる事が出来ません。長い間咳が続いたり胸の痛みが続いたりする場合は癌性胸膜炎の疑いがあります。癌性胸膜炎にかかると胸水が溜まる影響から栄養不足におちいる人も出てきます。さらに、癌性胸膜炎が発症しているという事は他の箇所にも癌の転移がある事を示しています。

癌性胸膜炎の治療にはいくつかの方法があります。癌性胸膜炎の治療を行う場合は最初に原因となっている癌の治療から始めます。さらに呼吸をスムーズにする為に胸水を抜いていきます。胸水は1度抜いても又溜まってしまうので繰り返し行う必要があります。癌性胸膜炎にはナチュラルキラー細胞を使った免疫細胞治療が有効とされています。癌性胸膜炎は抗がん治療の成果が出にくい癌の部類に分類されている為、通常の治療での完治は難しいのです。しかしナチュラルキラー細胞を使った治療方法であれば癌細胞を除去するナチュラルキラー細胞体内で増やして撃退していく治療なので体への負担も少ないと言えます。ナチュラルキラー細胞の生成には自分の血が必要になってきますが、50CCと少ない血液の採取になるので痛みはさほど感じません。